私が一番くつろげる空間

SITEMAP

家と電卓

最新記事

落ち着く空間に仕立て上げる

寝室

楽しく過ごすためのシェアハウスの基本は快適な部屋を見つけることです!そういった部屋をこちらから探せますのでぜひご活用ください!


自分の住まいというのは、どこよりも落ち着く空間というのが一番です。
私自身外出先から家に帰ってくると、やっぱり我が家が一番いいなと思いホッとします。そしてそんな自分の住んでいる家の中でも、いつの間にか一番気に入っている空間というのができてくるものです。私は夜寝室で眠る時意外はリビングかキッチンにいることが最も多いのですが、キッチンにいるときというのはたいてい家事をこなしている時なので、やはり一番落ち着くのはリビングとなります。
とりあえず家事を終わらせてからリビングのソファに座り、趣味である読書をしているときというのが私の癒しの時間です。
そしてそのリビングには大きな窓があり、そこから外の景色がよく見えるのですが、我が家の周辺には緑がたくさん残っているため、窓から見える景色も季節ごとに違っており、とてもよい眺めです。春には桜の花が満開になっているのも自宅から眺めることができます。そんな風に時には読書をし、目が疲れてきたら窓から外を眺めるといった時間は、私にとってすごく贅沢な時間です。
そしてしばらくゆっくりしたら、また夕食の準備や買出しをするために忙しくなるのですが、どんなに忙しくても、リビングでくつろぐ時間だけは確保したいといつも思っています。


快適に過ごすためにインテリアはこだわりたい


私は自室の内装にすごくこだわるタイプの人間です。今住んでいる家は一軒家で家族と一緒に暮らしています。今の家に引っ越してから半年ほどは、なかなか自室の内装が定まらず、インテリアの位置を変えたり、壁紙を変えたり、インテリア自体を変えたりと、私自身がしっくりくるまで変えに変え続けました。
家族はわりとあっさりと部屋の内装を決めていたため、私がめまぐるしく動いているのを見て、やっぱりなかなか決まらないかと口にしていました。しかし私としては早く決めるほうがおかしいと感じます。自室というのは家の中で多くの時間をすごす場所です。であるなら自分が落ち着ける空間にしたいと思うのは当然のことです。なかなか内装が定まらないのは私自身が快適に過ごせる空間にしたいからなのです。
しかしそうはいっても変えられるのは内装だけで、部屋の形を変えれるわけではありません。そうなるとやはり限度があります。こういった家具がほしいと思っても部屋の中にうまく納まらないとあきらめ、合うサイズのものを探すしかありません。なのでインテリア選びというのはすごく重要な工程なのです。これがほしいあれがほしいと選んでいては、統一感がなくなってしまいます。ベースのインテリアを決めて、それに合うようにインテリアを選んでいき、部屋に合うように位置を調整して、落ち着く空間に仕立て上げる、こういった作業は時間がかかりますが、それだけにしっくりとくる内装に仕上がれば喜びもひとしおのものがあります。



お勧めサイトはコチラ




博多にお住みの方で自宅の収納スペースが足りないという方いらっしゃいませんか?博多トランクルームなら物の保管サービスがお得に利用できますよ。自宅の倉庫にプラスして収納スペースを確保しましょう。

イチオシ記事

TOP